MENU

老化は肌だけじゃない!様々な効果がある脳のアンチエイジング対策記事一覧

カラダを動かす司令塔は主に脳の役割です。ですから、脳の栄養学について考えることはアンチエイジングにとってとても重要な要素になります。そして脳の働きを健全に保つために栄養学的にまず大切なのが「良質な油」です。なぜなら、水を除けば脳の約60%は油で出来ているからです。脳の油のうち50%はコレステロール、DHAとリン脂質が25%ずつです。DHAが脳を活性化して記憶力が上がる、など聞いたことがある方も多い...

良い油を摂ることが脳を活性化させ脳のアンチエイジングに絶大な効果があるということはこの記事でも紹介しました。良質な油選びが脳のアンチエイジング対策の第一歩!では、この良い油を摂るのと同時に、「良くない油」を脳の組織の原料にするのも避けたい所です。良くない油といえば、マーガリンやショートニングなどに代表される「トランス脂肪酸」です。一度は聞いいたことがあるのではないでしょうか?これらの「トランス脂肪...

脳には一兆個も神経細胞があって、神経細胞同士で情報をやりとりしながら脳やカラダをコントロールしています。この情報を、細胞から細胞へと伝えているのが「神経伝達物質」です。神経伝達物質の働きかけがなければ、私達はものを考えることすらできません。そこで特に意識したいのが、興奮や抑うつ感を抑えてくれる「セロトニン」という神経伝達物質です。セロトニンとは?女性の方なら一度はセロトニンという言葉を耳にしたこと...

このページの先頭へ